鹿屋航空基地史料館 (鹿児島県鹿屋市)海上自衛隊広報館 無料





派手な観光地ではないけれど、
一度は実際に見てみたい日本のスポットをご紹介します。

きっと行きたい気持ちになる、落ち着いたスポットです。

まだあまり知られていない場所なので、
混み合う前にぜひ訪れてみてください。

一生心に残る旅をしましょう。

今回ご紹介するのは、

★鹿屋航空基地史料館 (鹿児島県鹿屋市)です。

鹿屋航空基地史料館は、
1973年(昭和48年)12月に開館し、1993年(平成5年)
7月にリニューアルオープンした
鹿児島県鹿屋市にある
海軍航空の歴史資料館及び海上自衛隊の史料館です。

鹿児島県・鹿屋市 鹿屋航空基地史料館08.jpg

昭和11年に海軍鹿屋航空隊が開隊して以来、
旧日本海軍創設期の鹿屋航空基地時代から第2次世界大戦までの
資料展示のほか、現代の海上自衛隊に至るまでの写真や文献、
日本の名機「零式艦上戦闘機52型」(復元)など
豊富な史料が展示してあります。

戦争に関する貴重な資料が数多く並べられ、
特に、第二次世界大戦の末期「特攻」という人類史上類のない作戦で
突撃を敢行し、身を挺して戦った多くの若い特攻隊員の写真や
遺書・遺品などが展示されていてとても充実しています。

海上自衛隊の装備の変遷・災害派遣活動や我が国周辺海域における
警戒監視や海外派遣任務など、現在の活動を明らかにし、
国を守ることの意味が理解されることを目的にしています。

鹿児島県・鹿屋市 鹿屋航空基地史料館01.jpg

★屋内展示
史料館の見学順路は2階から始まります。

戦時中に活躍した零式戦闘機「零戦」が
垂水沖と吹上浜から引き揚げられて、三菱重工業の技術支援で
鹿屋航空基地工作所の隊員が補修・復元したものが展示してあり
コックピットを見学することもできとても見ごたえがあります。

旧海軍時代における「海軍精神」「実力の養成~海軍航空隊の発展」
「海軍航空兵力の興亡~航空用兵思想の変遷」「特攻作戦」の
コーナーがあります。

1階フロアでは、現在の海上自衛隊の装備・活動状況が紹介されていて、
海上自衛隊航空部隊の発展と過程、その中で活躍する隊員の姿などが
展示されています。

「海上自衛隊の発展」のコーナーでは、
警察予備隊時代の海自創生期の記録が公開され、
「国防を支える人々と航空技術」のコーナーでは、
航空機や兵器の製造技術の発展が主な展示内容で、
ハープーン対艦ミサイルや、短魚雷・航空機用のエンジンが見れます。
又、P-2対潜哨戒機のコックピットや、乗組員の座席が
ディスプレーされています。

「海鷲たちの系図」のコーナーでは、
実機のHSS-2B(S-61A)救難ヘリコプターや、海上自衛隊員の制服が
展示してあります。、
「ソマリア沖・アデン湾における海賊対処活動」のコーナーでは
P-3Cや隊員の派遣の記録や、隊員達が身に着ける装備の展示が
してあります。

★屋外展示機
屋外には、過去に装備された機体や、現在も装備されている機体が
航空機やヘリコプターなど十数機が展示してあります。

鹿児島県・鹿屋市 鹿屋航空基地史料館09.jpg

世界で唯一現存する、二式大型飛行艇も展示されています。
魚雷砲弾,対潜哨戒機なども陳列されています。

日本最大規模の海上自衛隊航空の歴史を見ることができて、
史料館全体での保管資料数は、約5,500点にのぼっています。


★史料館の詳細
12月29日から1月3日を除く毎日開館しています。
入館料:無 料
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

★鹿屋航空基地史料館への行き方
所在地:鹿児島県鹿屋市西原3丁目11-2

鹿児島空港方面から
空港から鹿屋市まで直行シャトルバスがあります。
鹿屋バスターミナル到着後、航空隊方面のバスへ乗車、
「航空隊前」で下車して少し歩くと到着です。
自家用車の場合、空港の側を通るのであれば、国道504号線をとおり、
南下します。そして、国道10号線に乗り換えることになります。
そのまま10号線→504号線か、国道220号線に
乗り換えるかになります。

鹿児島市方面(薩摩半島経由)から 鹿児島中央駅を下車後、
鴨池港フェリーターミナル行きのバスへ乗車し、
垂水港行きのフェリーへ乗船します。(約40分)
到着後、鹿屋市行きのバスへ乗車します。
鹿屋市バスターミナル到着前に「航空隊前」のバス停で下車して
少し歩くと到着です。
桜島桟橋経由、桜島フェリーを使って、約15分ほどです。
桜島のすぐ側をとおるコースもあります。
桜島をすぐ側に見ることが出来ますが、少し遠回りになります。

宮崎県(都城方面)から
国道10号線で宮崎県都城市を通過し、国道269号線に乗り換えて
鹿児島県曽於市に入り、そのまま国道269号線で鹿屋市に入ります。

宮崎県(串間市)方面から
国道220号線を通ります。
宮崎県串間市を通過し、鹿児島県の志布志市へ入り、
そのまま220号線で鹿屋市へ入ります。


お買い得♪海外ツアーが満載!!【Tポイントが貯まる!!】Tトラベル

この記事へのコメント

2020年04月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30