十勝川の氷・ジュエリーアイス(北海道・豊頃町)真冬の風物詩





派手な観光地ではないけれど、
一度は実際に見てみたい日本のスポットをご紹介します。

きっと行きたい気持ちになる、落ち着いたスポットです。

まだあまり知られていない場所なので、
混み合う前にぜひ訪れてみてください。

一生心に残る旅をしましょう。

今回ご紹介するのは、

★十勝川の氷・ジュエリーアイス(北海道・豊頃町)です。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス04.jpg

2月から3月初旬、厳寒の冬になると、
北海道の豊頃町の十勝川河口付近の大津海岸では
河口付近が凍結し、一部が割れた氷はいったん海を漂流します。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス03.jpg

川から流れ出た厚さ数センチの氷は波によって割れ、
はじめは分厚かった氷も、荒波にもまれて様々な形に姿を変えます。
そして、しけなどの波が高いときに砂浜に打ち上げられます。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス02.jpg

すると氷の演奏会が始まりますす。
波が打ち寄せると、氷がぶつかり合ってカラカラ・カキ~ン・コロコロ…
さまざまな音を出してくれます。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス08.jpg

氷の大きさは小さいもので手のひらに収まるものから
大きなものでは人の大きさほどもあり、
ダイヤモンドや水晶のように輝いてきれいです。
まるでクリスタルの宝石のように光を放つ絶景が見られ、
初めて目にした時は透明な氷の美しさに心が奪われます。

ビリビリくる寒さの中、朝陽や夕陽が入るといろいろな色に輝き、
それはまるで宝石のようで『ジュエリーアイス』とも呼ばれます。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス06.jpg

朝日に輝く氷を一目見ようと日の出前から多くの人が訪れます。

気温よりも川面の温度が高いことで
海面から立ち上る水蒸気が、陸上からの冷たい空気に触れて発生する
「けあらし」が立ち込め、太陽が昇ると、
青白かった氷塊も朱色に輝いて神秘的な景色が一面に広がります。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス07.jpg

氷点下20℃とやたら寒いおかけで氷の透明度は比較的高く、
海岸は巨大なダイヤモンドを敷き詰めたように美しくなります。

北海道・豊頃町 十勝川ジュエリーアイス01.jpg

DREAMS COME TRUEの名曲 「星空が映る海」の舞台にもなった
大津海岸で冬の間にだけ見られる幻想的な冬の風物詩です。




この記事へのコメント

2020年04月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30