ファーム富田(北海道中富良野町)





日本には有料でもいいくらいハイレベルな無料スポットが
たくさんあります。

他なら金をとられるけど、ココならタダ…!
有料でもいいくらいなのに、0円で遊べるってことは
お得感2倍じゃないですか…!

そんな人気の無料スポットをご案内します。
【行ってよかった!無料観光スポット】

今回ご紹介するのは
ファーム富田(北海道中富良野町)です。
北海道中富良野町・ファーム富田28.jpg

ファーム富田は、
富良野市に隣接する、北海道空知郡中富良野町にある農園です。

日本最大級のラベンダー畑(およそ15㌶東京ドーム5個分)を見ようと、
毎年、約100万人の観光客が押し寄せる人気スポットです。
北海道中富良野町・ファーム富田29.jpg

園内にはラベンダーの他にも多くの花が栽培され、
ドライフラワーを使用した土産店や資料館が併設されています。
北海道中富良野町・ファーム富田07.jpg

ファーム富田の歴史は、富田忠雄氏が夫人と共に
1958年から香料の抽出を目的にラベンダー栽培を開始したことから
始まりました。

1970年代頃から、安価な輸入香料の台頭により
富良野地域全体のラベンダー産業が衰退し、
ファーム富田も稲作で生計をたてながら農園を継続していました。

そんな折、1976年5月に国鉄のカレンダーで
ファーム富田のラベンダー畑が紹介されたことをきっかけに、
観光地として知られ、テレビドラマ「北の国から」が放送されると、
一躍有名になりました。
北海道中富良野町・ファーム富田01.jpg

その後は拡大が続き、花畑も7つまで増設されました。
ラベンダー畑だけでなく、80種類以上の四季折々、
色とりどりの花々を楽しめます。

①「トラディショナルラベンダー畑」
北海道中富良野町・ファーム富田32.jpg
  最初にラベンダーが栽培され唯一今も残っている花畑

②「倖(さきわい)の畑」
北海道中富良野町・ファーム富田10倖の畑.jpg
  4種のラベンダーが植えられ紫のグラデーションが見られる花畑

③「花人(はなびと)の畑」
北海道中富良野町・ファーム富田15花人の畑.jpg
  四季咲きのマリーゴールドなどが植えられていて、
  春から秋まで四色の花が咲き誇る花畑

④「彩りの畑」
北海道中富良野町・ファーム富田16彩りの畑.jpg
  ゆるやかな丘を彩る七色の花々が人気で、雑誌・パンフレット・
  ポスターなどに取り上げられる花畑

⑤「春の彩りの畑」
北海道中富良野町・ファーム富田25春の彩りの畑.png

⑥「秋の彩りの畑」
北海道中富良野町・ファーム富田26秋の彩りの畑.jpg

⑦「森の彩りの畑」
北海道中富良野町・ファーム富田24森の彩りの畑.jpg

花畑は全体がなだらかな丘になっているので、
登っていくと上からは十勝岳と富良野平野の広大な景色も楽しめます。
畑に近づくだけでラベンダーの香りが楽しめます。

開花時期は、4月中旬ごろよりクロッカス、
5月よりスイセン・チューリップ、
6月よりハマナスやシャクヤクなどが見られます。
北海道中富良野町・ファーム富田03.jpg

ラベンダーの見ごろは、6月の末頃から8月の中旬ぐらいまでです。
ファームでは、見ごろの時期や特徴が異なる4種類を栽培しています。
①「濃紫早咲(のうしはやざき)」6月下旬ごろから7月中旬ごろまで。
  濃いムラサキ色が特徴で、
  花びらが咲く前の“つぼみ”の状態が最も鮮やかで、
  “穂”の長さが短いので、畑では花同士が密集して
  一面の紫色になります。
②「ようてい」7月上旬から下旬まで。
  他の品種と比べて赤っぽい色が特徴で、
  香料エキスの抽出に適しており、観賞用の本数は少ないです。
③「おかむらさき」7月中旬から8月上旬ごろまで。
  最も多く見られる品種で“穂”が長いため風が吹くと、
  パープルの花々が波のようにうねる姿が見られ、
  その光景はまさに壮観です。
④「はなもいわ」7月下旬から8月上旬まで。
  全体にうぶ毛のような繊維が生えており、
  白っぽく見えるのが特徴です。

7月中旬ごろ、わずかな期間だけ4種の開花が重なり、
4種のラベンダーが植えられた『倖(さきわい)の畑』では
紫のグラデーションが見られます。

見ごろの時期が短いラベンダ―だからこそ、
訪れる日が数日違うだけで見られる景色も変わります。
北海道中富良野町・ファーム富田33.jpg

時期がすぎると翌年のために刈り取られて、
ラベンダーグッズ制作等のために使われます。

8月中旬ごろになると冬にかけてグリーンハウスの運営も始まり、
ハウス内に栽培されているラベンダーやゼラニウムなどが見られます。

ラベンダーをはじめとする花々は大切に育てられており、
栽培担当はもちろん社長自らも毎朝畑に様子を見に行くほどです。

ファーム富田へは24時間出入りが可能で入園無料です。

◆園内の見学可能な施設

・「花人の舎」
北海道中富良野町・ファーム富田17花人の舎.png
  ラベンダー資料館や香りの体験コーナーが設けられています。

・「ドライフラワーの舎」
北海道中富良野町・ファーム富田18ドライフラワーの舎.png
  たくさんのドライフラワーを展示しています。
 「富良野の森のピクニックin北海道」ともいわれています。

・「ポプリの舎」
北海道中富良野町・ファーム富田19ポプリの舎.png
  オリジナルグッズを取りそろえ、軽食を楽しむことができます。

・「森の舎」
北海道中富良野町・ファーム富田20森の舎.png
  展望デッキから園内の花を眺めることができます。

・「蒸留の舎(いえ)」
北海道中富良野町・ファーム富田21蒸留の舎.jpg
  ラベンダーからエッセンシャルオイルを蒸留する
  日本唯一の抽出工場があります。
  7月上旬からお盆頃までの10時ごろから17時ぐらいまで
  蒸留作業をしており、蒸留釜のフタを開けた時には、
  辺りにラベンダーの香りがよく広がりますので
  ぜひ立ち寄ってみてください。

・「香水の舎」
北海道中富良野町・ファーム富田22香水の舎.jpg
  香水を制作する現場が見られ「香りのしおり」を作る
  コーナーがあります。

北海道中富良野町・ファーム富田05.jpg

カフェやグッズショップなどは、月によって営業時間が変わりますが、
だいたい8時30分から17時30分ごろまで営業しています。

駐車場は約700台の駐車スペースがありますが、
7~8月のシーズンになるとあっという間に満車になってしまいます。
北海道中富良野町・ファーム富田31.jpg

◆ファーム富田の公式ホームページはこちら
http://www.farm-tomita.co.jp/

◆園内紹介
http://www.farm-tomita.co.jp/farm/

2008年6月、隣接する上富良野町に開園50年を記念して
「ラベンダーイースト」が開園しました。
北海道中富良野町・ファーム富田11ラベンダーイースト.jpg

ここは、ラベンダーオイルやドライフラワー生産のための畑です。

入口を入ってすぐに展望デッキがあり、
風香る丘や約9万株のラベンダーを見下ろすことができます。
北海道中富良野町・ファーム富田04.jpg

天気の良い日には畑の向こうに十勝岳連峰や夕張山地を見れます。

7月下旬頃からはフランス製のラベンダー刈取機での
収穫風景も眺めることができます。
北海道中富良野町・ファーム富田27刈り取り.gif

ここだけにしかない「ラベンダーバス」で花畑を見て廻れる楽しみもあります。
北海道中富良野町・ファーム富田12ラベンダーイースト.jpg

富良野エリアには「ファーム富田」以外にも人気のラベンダー園が
たくさんあります。
人気ラベンダー畑のひとつ上富良野町の『日の出公園』がお勧めです。
北海道中富良野町・中富良野町営ラベンダー園.jpg

そして、せっかく富良野エリアに訪れたのなら
隣接する丘のまち美瑛も観光していくべきです。
パッチワークのような丘陵風景や
北海道美瑛町・色彩の丘.jpg

幻想風景を生み出す水辺が人気の『青い池』など、
神秘的な景色が楽しめます。
北海道美瑛町・青い池.jpg

広い北海道では観光地への移動に「複数の交通手段を乗継いで…」
ということもありますが、
移動中に見られる雄大な景観も魅力なので、
気に入った景色を見つけたら車を止めて、
写真を撮りながらの移動がおすすめです。

北海道中富良野町・ファーム富田02.jpg
★「ファーム富田」への交通アクセス
住所:〒071-0704
北海道空知郡空知郡中富良野町中富良野基線北15号

◆自動車(レンタカー)で行く
道央道札幌ICから42㎞で三笠IC。
三笠ICから《道道岩見沢三笠線~国道452号》で
桂沢湖を経由し道道115号線へ。
右折して道なりに進み国道36号線に合流し富良野市へ、
そこから国道237号線で美瑛方面へ。
中富良野町の住宅街を抜けるあたりの信号のある交差点を左折。
「ファーム富田 1キロ」と書いた紫色の看板を目印に
そのまま進み、突き当ったら右折して直進。

四季の景観を楽しめるこのコースは少しクネクネした山道ですが、
比較的走りやすい道路です。
観光シーズンには、周辺道路が大渋滞することが多いので、
早めに出発するか、
富良野・美瑛エリアや旭川に宿泊して朝一で行くのがおすすめです。
北海道中富良野町・ファーム富田30.jpg

◆JRで行く
①JR富良野線「富良野駅」またはJR函館本線「旭川駅」から
 夏期間限定の臨時列車「富良野・美瑛ノロッコ号」で
 木のデザインが主体となった駅の看板が特徴的な臨時駅
 「ラベンダー畑駅」で下車し、踏切を渡って徒歩約7分。
北海道中富良野町・ファーム富田23富良野・美瑛ノロッコ号.jpg

②函館本線の特急で滝川経由、根室本線普通でJR富良野駅へ。
 そこから、JR富良野線で最寄り駅のJR中富良野駅で下車。

◆「ラベンダーイースト」への交通アクセス
住所:北海道空知郡上富良野町東6線北16 号
ファーム富田から約5キロの位置にあります。
トラディショナルラベンダー畑の前を通る道路をそのまま進んで
十字路を右折し、左手側にラベンダー畑が見えてきたら、
「東6線道路」「北16線道路」の標識がある交差点で左折、
左手側に大きな建物が見えたらそこがラベンダーイーストです。



この記事へのコメント

2016年07月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31