★「ファーム富田」の楽しみ方





前回ご紹介した「ファーム富田」の
上手な利用方法についてご案内します。
北海道中富良野町・ファーム富田.jpg
一通り見るだけなら、だいたい1時間半か2時間ほどです。
その他に、食事時間やお土産選びの時間が加わります。

◆花畑のラベンダー鑑賞を楽しむなら、
眺め方にも工夫をしましょう。

「眺めて」「近寄って」「香り」も楽しみましょう。

花畑は全体が緩やかな丘になっていて、
丘の下側から眺めると斜面に沿って広がるラベンダー畑が見られます。

丘を登ればラベンダーを見おろすような角度での鑑賞ができ、
茎の部分が花で隠れるので紫色がより濃く見えます。
北海道中富良野町・ファーム富田の倖いの畑.jpg
『トラディショナルラベンダー畑』や『森の彩の畑』は
特に高い場所にあるので、この景色を満喫できます。

視線を上げた先に見える、富良野平野と十勝岳の景色も素晴らしいです。

小さな子供連れの家族や年配の旅行者でも楽しめますが、
勾配のある斜面を登る花畑もあるので、
体力に自信がない人は無理に斜面を登らなくても、
下からでも十分に感動的な景色が楽しめます。

ファーム富田には展望台があり、そこからの風景は絶景なので、
写真を撮るならそこがおすすめです。
北海道中富良野町・ファーム富田展望台.jpg
また、各畑の前には必ず「FARM TOMITA」の看板があり、
そこで記念写真を撮影する観光客も多いです。
北海道中富良野町・ファーム富田の看板.jpg
また、ラベンダーの花びらに目を近づけて観察するのも楽しいです。

ラベンダーの茎にはつぼみの固まりが4つあり、
一固まりごとにだいたい6つのつぼみがあります。
茎の下側にある固まりから順番に開花していき、
開花するつぼみも、向かい合って対(つい)になる2つが同時に咲きます。

北海道中富良野町・ファーム富田の花畑.jpg
ファーム富田に行くなら「晴れた日の、太陽が高く昇る時間」を
望む人も多いとおもいますが、
そうではない条件下だからこそ味わえる楽しみもあります。

特におすすめなのが、夏の夕立が上がったあと、
花に残った水滴に陽光があたり、
ラベンダーがキラキラと煌めくのを見た時は感動します。

雨上がりなどの湿気が多い時は、
地面から蒸発していく水分に乗って花々の香りが漂い
香りも楽しみやすくなるのです。

またファーム富田に訪れるなら、
近くのエリアで泊まって朝8時前後の早い時間に行くのがおすすめです。

ファーム富田は24時間出入りが可能なので、
特に写真にこだわる人は、観光客が増える10時ぐらいからを避けて、
早朝の時間に訪れています。

1年草のラベンダー等に関しては、
日が昇りきる前の時間は花びらが閉じているので、色も濃く見えます。

じっくりとラベンダー鑑賞をしたい人や、
こだわった写真が撮りたい人は絶対に「早朝」に訪れた方が良いです。

特にベストシーズンは、駐車場もすぐに満車になってしまいますし、
付近の道路も大渋滞になりますので、
それを避けるためにも早い時間の訪問がベストです。

そして「より鮮明な紫色を見たいなら」太陽光が強い晴れの日よりも
「曇りの日」のほうが紫色が濃く見えます。
特に写真だと、その違いが出やすいです。

雲が多い日は湿度もあがるため、香りも感じやすくなります。
訪れる時間を変えたり、その日の気候条件に合わせて、
楽しむポイントを変えて楽しんでください。

夏は暑くなりますが、虫も増える季節なので、
長袖のパーカーなどを1枚持っていくといいです。
また花畑を鑑賞する際は土の路面を歩くので、
スニーカーなど底が平べったい靴がおすすめです。

実は、ファーム富田の花畑では、どの畑も毎年花の位置が異なっています。

場所を変えずに栽培を続けると、
花がキレイに咲かなくなる“連作障害”や“忌地現象”が起きるためです。
それを踏まえたうえで、
見栄えや色の順番も考えて花々は植えられています。
だからこそ、毎年訪れるたびに違った姿を見られます。

『ラベンダーイースト』に行く場合は、
ファーム富田から自動車なら片道15分ほどかかります。
こちらでの鑑賞時間は30分ほどです。


★ファーム富田では地元食材を使った食事メニューを
多数提供しています。
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダーグッズ.JPG
◆人気の「軽食」売上ベスト3

①「ラベンダーソフトクリーム・コーン300円・カップ250円」
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダーソフト.jpg
 ラベンダーエキスを使いさわやかに広がる香りとさっぱりとした後味は
 ここでしか楽しめないソフトクリームで、
 来園者の5人に1人が食べている人気商品です。
 人気の理由は、ユニークな見た目だけではなく、
 食べた瞬間に鼻を抜けるラベンダーの爽やかな香りです。

②「サクサクコロッケ・160円」
北海道中富良野町・ファーム富田のサクサクコロッケ.jpg
③「ホクホクじゃがバター・190円」
北海道中富良野町・ファーム富田のホクホクじゃがバター.jpg
 どちらも、北海道産の男爵いもを使った一品で、
 じゃがいもの香りとホクホクの食感が楽しめる、
 北海道らしさ、富良野らしさ、が感じられます。

更におすすめなのが、
お昼ごはんに食べることが多い4種類の「カレーライス」です。
北海道中富良野町・ファーム富田の4種類のカレーライス.jpg
ルウは契約工場で作ったオリジナルで、
具には季節ごとの旬の野菜を使用します。

そしておすすめがもう一つ、
「花畑で採れたはちみつクロワッサン・150円」
北海道中富良野町・ファーム富田の花畑で採れたはちみつクロワッサン.jpg
ハチミツをぬって焼き上げる、パリパリふわふわのクロワッサンで、
ファーム富田が信頼を置く契約養蜂場で採れたハチミツを使用し、
一つひとつを園内で焼き上げており、オーブンを開けると、
あま~い香りが周囲に漂います。

これらのメニューは、「倖の畑」を一望するテラスが人気の
『ポプリの舎(いえ)』や、
北海道中富良野町・ファーム富田のポプリの舎.png
入口のすぐそばの『カフェ・ルネ』等で味わえます。
北海道中富良野町・ファーム富田のカフェ・ルネ.jpg
営業時間の目安は『ポプリの舎』が朝8時30分~17時までで、
『カフェ・ルネ』が8時30分~18時までです。
月によって営業時間が異なりますので事前にチェックしておきましょう。


また、ファーム富田で採れるラベンダーエキスを使った
スイーツやドリンクもあり、こちらも人気です。
「ラベンダー生カステラロールケーキ・260円」
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダー生カステラロールケーキ02.png
「ラベンダー生シュークリーム・260円」
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダー生シュークリーム.jpg
「ラベンダーラムネ・230円」
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダーラムネ.jpg
「ラベンダーカルピス・260円」
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダーカルピス.jpg
等をお土産にする人が多いです。
北海道中富良野町・ファーム富田のスイーツ.jpg

★人気のお土産といえば、
特に香りが良い品種である「おかむらさき」を使った
「ラベンダーオイル」や、ラベンダーエキスを使った香水などで、
北海道中富良野町・ファーム富田のラベンダーオイル.jpg
特に人気なのが、ラベンダーの香りが染み込んだ「ポプリ」や、
北海道中富良野町・ファーム富田のポプリ.jpg
乾燥ラベンダーの花つぶが詰まった香り袋「サシエ」など、
北海道中富良野町・ファーム富田のサシェ.jpg
香りを持ち帰れるグッズが人気です。

そのほか、定期的に園内で物産展などのイベントが
開催されることもあります。

会費無料の「ファーム富田ファンクラブ」もあり、
ポイント制の割引サービスやファンクラブ誌の「Scent of Lavender」が
発行されるなど、入会特典が用意されています。


ファーム富田の公式ホームページはこちら
http://www.farm-tomita.co.jp/

園内紹介
http://www.farm-tomita.co.jp/farm/







この記事へのコメント

2016年07月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31