沖縄の幸福の崖・果報バンタ(沖縄県うるま市)





派手な観光地ではないけれど、
一度は実際に見てみたい日本のスポットをご紹介します。
一生心に残る旅をしましょう。

今回ご紹介するのは、

沖縄の幸福の崖・果報バンタ(沖縄県うるま市)です。

沖縄県うるま市・果報バンタ01.jpg

沖縄本島の中部、恩納村のリゾートエリアとは反対の
東海岸のうるま市与那城に宮城島という島があります。

沖縄県うるま市・果報バンタ22宮城島.jpg

島とは言っても、勝連半島からは
人気のドライブロード「海中道路」をわたって、
平安座(へんざ)島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と周囲の島々は
それぞれ橋で結ばれて陸続きになっています。

沖縄県うるま市・果報バンタ07海中道路.JPG

別名「高離り(たかはなり)」と呼ばれるほど
周囲より標高の高い宮城島の、さらに眺めの良い場所に
「果報(かふう)バンタ」はあります。
ちなみに「果報(かふう)」とは、「幸運、良いこと、ラッキー」、
「バンタ」とは「崖、絶壁」という意味です。
ここは、近辺でもつい最近まであまり知られていなかった
穴場の絶景スポットです。

沖縄県うるま市・果報バンタ20.jpg

果報バンタから眺める海は最高に綺麗です。
沖縄旅行の際はぜひ立ち寄って頂きたいオススメの穴場スポットです。

実は、この果報バンタは、「ぬちまーす」という
大人気商品をつくっている塩工場・「ぬちうなー」の敷地内にあります。

沖縄県うるま市・果報バンタ03.jpg

ちなみに沖縄方言で「ぬちうなー」とは、「命の庭」という意味で、
「ぬちまーす」の「ぬち」は「命」「まーす」は「塩」を意味し
「命の塩」ということになります。

宮城島のサトウキビ畑を抜けてしばらく走ると
道路の標高はどんどん上がっていきます。
すると、「ぬちうなー」という塩工場の案内板が見えてきます。
ここを右折して、ぬちうなーの敷地内へ入って行きます。

沖縄県うるま市・果報バンタ06.JPG

工場の反対側に小高い丘があります。

沖縄県うるま市・果報バンタ17.JPG

細いコンクリートの遊歩道があるのでそこを歩いて行きます。

沖縄県うるま市・果報バンタ16.jpeg

途中階段があり、この階段を登ると果報バンタに着きます。

沖縄県うるま市・果報バンタ14.jpg

展望所には柵があるので安心です。

沖縄県うるま市・果報バンタ05.jpg

さっそく、崖の絶景ポイントまで行くと、
思わず声をあげてしまうくらいの絶景がそこにあります。

沖縄県うるま市・果報バンタ02.jpg

標高約120mの崖の上からは眼下に
とてもきれいなエメラルドグリーンの海と
「ぬちの浜」というビーチを見ることができます。
巨大な崖のスケール感がすごく、圧巻の景色です。
ここは地中海か、と目を疑ってしまうほどです。

沖縄県うるま市・果報バンタ10.jpg

このエメラルドグリーンの海と岬の景色は沖縄本島から車で行ける
離島No.1の絶景スポットだと言えます。
別名「幸せ岬」と言われているようで、
この景色を見ると幸せな気分になるのも確かです。

ちなみに「ぬちの浜」では満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそうで、
ここも穴場です。

沖縄県うるま市・果報バンタ23.jpg

また、果報バンタは、パワースポットでもあります。
まず、「龍神が通る穴」といわれている
「龍神風道(りゅうじんふうどう)」と言われる場所があります。。

沖縄県うるま市・果報バンタ08.jpg

龍神風道から自然の木々の合間を通してすぐ先に
琉球開祖シルミチュー、アマミチューが祀られている浜比嘉島が見えます。
さらにその先には琉球創世神アマミキヨが降り立ったと伝わる聖なる島、
久高島が見え、龍神風道からこれらの聖地が一直線上に並ぶ
神聖な場所となっています。

沖縄県うるま市・果報バンタ09.jpg

次に、天・地・海(龍宮神)の3つの神様が集まる、
三天御座(みてぃんうざ)は、たくさんの根を広げて大地に根付く
大きなガジュマルとソテツに守られた小さな鍾乳洞です。

沖縄県うるま市・果報バンタ11三天御座.jpg

人生の岐路に立った時、覚悟を決める時にも
最適なエネルギーをいただける場所で、ぬちうなーの聖地の心臓部です。

「果報バンタ」「龍神風道」 「三天御座」でエネルギーをもらい、
その場所には人間にとって絶対に必要な塩「命の塩」をつくっている
「命の庭」があり、出来すぎなくらい完璧なパワースポットです。

観光としても、強いエネルギーが集まる
神秘的なパワースポットとしてもおすすめです。
一度その景色をみると、果報者になれるかもしれません。

◆塩工場見学とセットで観光

沖縄県うるま市・果報バンタ18.jpg

このきれいな海の海水を汲み上げて作られる塩にはこだわりがあります。
原材料となる海水は周りに民家がなく、
外洋に面して海流の流れがよいきれいな海水を使っています。
塩は海水を霧状に噴霧して温風をあて、
海洋ミネラル成分をそのまま結晶化する特殊な製塩法で作られています。
21種類のミネラルを豊富に含んだ塩はギネスにも認定される程で
この塩を「ぬちまーす」といいます。

沖縄県うるま市・果報バンタ12.jpg

塩工場見学は無料で、塩スイーツが堪能できるレストランや、
ぬちまーす商品が揃うショップもあります。

沖縄県うるま市・果報バンタ21.jpg

ここで作られた塩やその塩を使ったお菓子やスイーツ、化粧品が有名です。

沖縄県うるま市・果報バンタ19.jpg

レストランもあるので食事もできます。

「ぬちまーすジェラート」(320円)は、
ほんのり塩味だけどさっぱりした甘さでオススメです。

沖縄県うるま市・果報バンタ13.jpg

年間を通して海はきれいですが、
晴れた日で太陽が真上にあるお昼以降の時間帯の海が特にきれいです。
午前中は逆光になるので、午前10時頃までの早い時間帯や、
曇りや雨の日、海が荒れた日はきれいな海は見れません。


★アクセス
住所:沖縄県うるま市与那城宮城2768(ぬちうなー製塩工場敷地内)
電話番号:098-983-1140
那覇空港から高速道路と一般道を利用して
車で約50km、約1時間30分ほどです。
那覇空港→(一般道)→(那覇空港自動車道・名嘉地IC)→
(沖縄自動車道・沖縄北IC)→(一般道)→果報バンタ

沖縄県うるま市・果報バンタ15.jpg

駐車場無料(ぬちうなーの駐車場)
車椅子やベビーカーでは困難です。
トイレあり
入場料金:無料
営業時間(製塩工場見学時間):9:00〜17:30
定休日:年中無休
果報バンタの営業時間の設定はなし(見学自由)



この記事へのコメント

2016年07月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31