雨晴海岸(富山県高岡市)思わず見とれる美しさ







派手な観光地ではないけれど、
一度は実際に見てみたい日本のスポットをご紹介します。
一生心に残る旅をしましょう。

今回ご紹介するのは、
思わず見とれる美しさの、雨晴海岸(富山県高岡市)です。
富山県高岡市・雨晴海岸01.jpg


★雨晴海岸は、富山県高岡市北部の海岸で、
能登半島国定公園に含まれ、
雨晴海岸から氷見市の松田江の長浜までは
「日本の渚百選」「白砂青松百選」に選ばれています。

氷見沖の向こうに浮かぶようにそびえ立つ
立山連峰の雄大なパノラマは、氷見市のシンボルになっています。

海越しに3,000m級の山々を眺めることができる場所は、
能登半島国定公園の雨晴海岸(高岡市)から
氷見海岸一帯にかけてしか確認されていません。

晴れた日には、富山湾越しに立山連峰の3000m級の山々を望む
雄大な眺めは四季それぞれに変化し、息を呑む美しさです。

季節や時間帯で変わる神秘的な姿や、
美しい朝日と共に見る絶景が楽しめます。
富山県高岡市・雨晴海岸03.jpg


比較的よく見ることができる時期は、
11月から3月頃のよく冷え込んだ晴れた日ですが、
春夏秋冬によって、またその日の時間によっても
顔色を変えてくれるので、いつ見ても飽きることのない
楽しみがあります。
富山県高岡市・雨晴海岸08.jpg

海越しに望む立山連峰や、その立山連邦から昇る朝日は絶景です。
他ではみることのできない風景をぜひ、ご堪能ください。

冬には、日本海の蒸気「けあらし」を待って
多くのカメラマンが集まります。
富山県高岡市・雨晴海岸05.jpg

特に元旦には、初日の出を見るために多くの人が集まります。
富山県高岡市・雨晴海岸04.jpg


2014年に「世界で最も美しい湾クラブ」に
日本で松島の次に選ばれました。
富山県高岡市・雨晴海岸09義経岩.jpg


高岡市と氷見市を繋ぐJR氷見線の越中国分~雨晴間は、
ほぼ海岸線のすぐ横を通るため、
車窓からの眺めも良く、
また海岸線のすぐ横を通る列車の撮影ポイントとして
鉄道ファンにも人気があり、
青春18きっぷの販促ポスターに採用されたこともあります。
富山県高岡市・雨晴海岸07.jpg


日本海沿岸屈指の遠浅で、絶好の海水浴場としても知られています。

万葉の歌人、大伴家持は、この雨晴の風景をこよなく愛し、
多くの歌を詠みました。

また、雨晴駅の近くには、
源義経が奥州へ落ちのびる途中、にわか雨が降り出し、
弁慶が岩を持上げてにわか雨の晴れるのを待って雨宿りをしたという
義経伝説が残る「義経岩」があり、地名「雨晴」の由来ともなっています。
富山県高岡市・雨晴海岸10義経岩.jpg


富山県指定の「氷見海岸鳥獣保護区」の一部として
鳥獣保護区にもなっています。

富山県高岡市・雨晴海岸02.jpg


公式URL http://www3.nsknet.or.jp/~amaharasi/

住  所 〒933-0134 富山県高岡市太田
電話番号 0766-44-6200 (雨晴観光協会)

アクセス:JR氷見線雨晴駅から徒歩5分
     能越自動車道高岡北ICから車で15分
駐車場 21台(大型3台)駐車料金: 無料





"雨晴海岸(富山県高岡市)思わず見とれる美しさ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
2020年04月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30